灰皿を用意する必要がない

電子タバコは紙の煙草とは違って灰を落とすことがありません。そのため灰皿を用意する必要がないと言えます。灰皿が必要ないので、紙の煙草よりも使用できる場所が多いというメリットもあります。灰が落ちる心配がないので、自宅や職場の床を煙草の灰で汚してしまうこともないでしょう。電子タバコにはタールが含まれていません。電子タバコから出る水蒸気にタールが含まれていないため、部屋や衣類、歯などが黄ばんでしまうこともないと言えます。部屋や衣類、歯などの黄ばみが気になる人は電子タバコを使っていくのが良いと考えられます。

嫌なニオイがしないのもメリット

紙の煙草にはニコチンやタールが含まれているため、煙草特有の嫌なニオイが出やすいと言えます。その煙草特有の嫌なニオイは煙草を吸わない人からは嫌がられることも多いので、喫煙者は人前で煙草を吸わないこともあるでしょう。電子タバコの場合は煙草特有の嫌なニオイが発生しないので、目の前に煙草を吸わない人がいても嫌がられるケースが少ないです。

また電子タバコの場合は好みのフレーバーを選ぶことができるため、自分の好きなニオイを部屋に充満させることができるというメリットもあります。同じ空間にいる人の好みに合わせてリキッドを付け替えておけば、周囲の人に嫌がられることなく電子タバコを楽しめる可能性が高くなります。日本で販売されている電子タバコにはニコチンもタールも含まれていないので、禁煙対策として活用できるのも良いポイントだと言えます。

vapeのおすすめのリキッドは様々なものがあります。紙巻きタバコの風味を再現したものや、爽やかな清涼感を楽しめるメンソール、甘い香りのフルーツ系など色々な選択肢が楽しめます。

Wednesday, 2021年6月23日
Menu