屋上緑化のメリットとは

自然環境の破壊が進む世界において、いかにして緑豊かな地球を守るかがグローバルな課題となっています。そのような社会において注目を集めているものの一つに屋上緑化があります。屋上緑化というのは、文字通り、建物の屋上に草花や木々を配置することによって、緑豊かな街を作り上げるというものですが、これには様々なメリットが存在します。

まず、一つ目のメリットは、屋上緑化を施すことによって、建物内の温度の上昇が抑えられるという点です。植物の葉が日光を遮ってくれて、建物が直射日光にさらされにくくなるため、夏の暑い時期などにはこれまでよりも過ごしやすい室内環境を実現できるようになるでしょう。また、二つ目のメリットは、自治体によっては助成金が得られるという点です。屋上緑化にはそれなりにコストがかかりますが、助成金が得られれば、その負担は軽減できるはずです。

屋上緑化の注意点とは

屋上緑化には、メリットだけでなく、いくつか注意しておくべきポイントも存在します。特に頭に入れておかなければならないのは、必要な施工を屋上に施さないままに屋上緑化をした場合には、植物の根が建物内に侵食して雨漏りなどの原因となりかねないという点です。植物の力は我々が思う以上に強く、しっかりとした対策を講じておかなければ、コンクリート内にも容易に侵入を許すことになります。そうなってしまうと修復するのは大変ですので、屋上緑化をする際は必ず専門の業者に依頼してきちんと施工してもらうようにしましょう。

屋上緑化に使う植物としては、屋上と言う高い場所や建造物の上に配置するという状況を考慮して、重量が軽くて風や乾燥に強い植物の種類が望まれます。

Wednesday, 2021年6月23日
Menu