時計の種類・系統で選ぶ

デザイン・見た目や価格で選びがちな時計ですが、まずは種類や系統をしっかり把握した上で好みの時計を選択したいところです。時計の種類は動力源・方式によって、クォーツ式と機械式の2つに分かれます。平たく言えばクォーツ式は電池駆動で、機械式はゼンマイ仕掛けという仕組みになっています。前者は電池交換の手間があるものの、時を刻む能力の精度が高くリーズナブルであることが魅力です。一方後者はクォーツ式腕時計と比較して精度こそ落ちるものの、定期的なメンテナンスを施せば長く使用できるのは大きなメリットと言えます。

見た目や機能にも大きく関わりますが、時計にはアナログとデジタルの2つの系統が存在しています。視認性に関しては個人の好みによりますが、長針・短針で時を表示するアナログ時計は見た目がシンプルであるため、ビジネス用途として購入する方が多いです。

時計に備わる便利な機能で選ぶ

外出する機会が多かったり、水を扱う仕事や作業が多い場合は防水機能が充実している時計を選ぶと安心です。なおマリンスポーツの際に装着するのであれば10気圧防水の時計、スキューバダイビングなどハードな環境下であれば100m防水あたりの時計を買うと良いでしょう。営業などで外を歩いたり、買い物の途中で雨に遭遇する程度であれば日常生活用防水機能を搭載したモデルであれば十分です。仕事や日々の生活において、時計にシビアな精度を求めるのであれば電波受信機能を備えたモデルを購入すると良いです。送信局から送られてくる電波情報をキャッチして、日付・時刻のズレを自動で修正してくれます。

1868年にスイスで創業したインターナショナルウォッチカンパニー、企業名のアルファベットを取った略称、IWCをブランド名としています。卓越した技術、厳しい自社基準を守る伝統の時計づくりは質実剛健と評されます。

Thursday, 2021年5月6日
Menu