電子タバコ(通称・vape)とは?

電子タバコとは「vape」とも呼ばれ、ニコチンやタールなしでさまざまなフレーバーの蒸気を楽しむ嗜好品のことを言います。そのためタバコの葉を使用するアイコスやグローといった「加熱式タバコ」とは全くの別物です。前述の通りニコチンやタールを含まないため、タバコ税もかかりません。また、通常のタバコと同じように煙を吸って吐く行為ができるため、禁煙目的で電子タバコを吸う人や、甘い香りを楽しめることからダイエット目的でお菓子の代わりに口にする人などに人気です。

どんなフレーバーがあるの?

リキッドのフレーバーは数えきれないほど多くの種類があります。大きく系統を分けると「タバコ系」「メンソール系」「ドリンク系」「フルーツ系」「スイーツ系」の5つになります。タバコ系を除き、「爽快感・刺激感」と「甘さ・濃厚さ」のバランスが異なり、自分の好みのタイプで楽しむことができる特徴があります。

リキッドの価格は大体15mlで約千円となっています。0.1mlで通常のタバコ1本分の吸引ができる作りとなっているため、ランニングコストが抑えられます。

電子タバコのリキッドの成分は?

電子タバコのリキッドの原料は、食品添加物として使用される「プロピレングリコール」、化粧水の原料にも使用される「植物性グリセリン」、人工甘味料などとして使用される「香料」となります。人体への影響についてはまだデータが出揃っておらず、不明となっています。しかし、原料は安全性が高く、日常生活で触れる機会の多いものとなっているため、健康を考慮して電子タバコに移行する人が増えています。また、初心者でも美味しく楽しめるのが人気の理由となっています。

ニコチンリキッドは、海外から購入することが出来ます。色々なフレーバーを、安心して楽しむことが出来ます。

Monday, 2021年8月2日
Menu